日々かかせない愛犬の散歩・・・
毎日決まった時間に行っている
という方も多いと思いますが

夏はもちろんこと
暑い時期の犬の散歩には
多くの危険が潜んでいることを
あなたは知っていますか?


この時点でピンッときた方は
普段から注意をされていると思いますが
「なんで危険がいっぱいなの?」
な〜んて思ったあなたは要注意!

そんなわけで本日は
暑い時期の犬の散歩に潜む
危険性と暑さ対策について
お話ししていきます。






暑い日の散歩にはこんな危険が潜んでいます!

まず最初に、、、

犬は暑さに大変弱い動物です。

一般的に人間の平熱は
36.6度から37度くらいですが
それに比べ犬の平熱は
小型犬で38.6度から39.2度くらい
大型犬で37.5度から38.6度くらい
といわれています。

犬の方が人間に比べて
1度以上体温が高いわけですから
当然、暑さを感じやすくなります。
 
汗腺が全身に分布する人間は
暑いと汗をかくことで体温を下げますが
汗腺が肉球にしかない犬には
それができません。
 

 
では、犬はどのように
体温調節をしているかというと
それは「パンティング」といって
ハアハアと舌を出しながら
何度も浅く呼吸を繰り返し
口の中や舌を濡らすことで
熱を蒸発させています。
 
犬が暑さに弱いのは
このように呼吸でしか
体温調節ができないからです。
 



 
そのうえ、四脚歩行のため
地面がつねに近くあることで
太陽の照り返しや地表に蓄積された熱が
ダイレクトに伝わることにより
体に熱がこもりやすくなります。
  
そのため、暑い時期の散歩は
「熱中症」にかかるおそれがあるのです。
 
また、夏に限らず日差しが強い日は
アスファルトは50度から60度にもなるといわれ
肉球の「やけど」にも注意が必要です。

夏は散歩に行かない方がいいの?

では、暑い時期は
散歩に行ってはいけないかというと
そうではありません。

犬にとって散歩はとても大切ですから
毎日行ってあげるのが理想的です。

でも、暑い時期は時間帯を選ぶことが
とても大切になります。

とくに晴れている日は
日中から夕方の時間帯は避けて
朝早くか夜遅くにしましょう。
 
その中でもおすすめなのは
もっとも気温が低い「早朝」です。
具体的には明け方から6時くらいが
ベストといえます。
 
 
なお、夜間の散歩については
できるだけ遅い時間帯がいいのですが
日が落ちても気温が高い日や
蒸し暑く湿度が高い夜などは
日中の散歩同様「熱中症」には
十分注意が必要です。
 

散歩を控えた方がいいのはどんな子?

場合によっては暑い時期の散歩を
控えた方がいい場合もあります。
 
それは体力のない老犬や幼犬
病気をしている子などです。
暑さで体力を奪われてしまうため
無理は禁物です!
 
もし行きたがるようであれば
涼しい時間帯に少しだけ・・・
行きたがらないようであれば
無理して行く必要はありません。
 
 
また、直射日光にあたると
体温がさらに上がってしまうような
毛色が濃い犬と短毛の犬も
日中の散歩はできるだけ
避けた方がいいでしょう。
 

昼間にしかお散歩にいけないんだけど・・・

暑い時期の散歩は
早朝か夜間が良いといわれても
お仕事やご家庭の事情により
日中しかお散歩に行けないという方も
いらっしゃると思います。
 
そんなあなたには
私が実際に行っている対策を
ご紹介します。

アスファルトは避ける!

やけどの可能性がある
アスファルトはできるだけ避け
舗装されていない道を選んで
歩かせると良いでしょう。
 

日陰を探す!

都内などは、なかなかアスファルトを
避けることは難しいと思いますので
そのような場合は、できるだけ風通しの良い
日陰の道を選んで歩くようにしましょう。
  
その際、一時的に日陰になる道よりも
もともと陽当たりが悪い道を選びましょう。

自分の手で確かめる!

散歩に行く前に
必ず自分の手でアスファルトを
触る習慣をつけましょう。
  
目安として5秒から10秒程度・・・
すぐに手を離したくなるような熱さの場合は
その時間帯の散歩をあきらめてください。
 
 
このように小さな工夫をすることで
危険を回避することができます。
 

暑さ対策グッズBEST5

水筒でもペットボトルでも良いので
散歩には必ず水を持って行き定期的に
水を飲ませてあげましょう。
 
また、水は飲ませる以外にも、
直接体にかけたり、濡れタオルを
作る時にも役立ちます。

ドッグブーツ

ドッグブーツ(靴)で
肉球を守ることができます。
 
なお、ドッグブーツは
暑さ対策だけでなく、冷たい雪道や
災害時にも活躍します。
 
でも最初はこんな風に
なってしまうこともあるので
まずは少しずつ慣らす必要があります。

クールウェア

メッシュやパイル地などの
通気性の良い素材の服などを
水で濡らしてしぼってから
着せることで熱中症対策ができます。
 
最近は25度を維持するプレサーモや
UVカット加工された洋服も多数あります。
 

保冷剤や首に巻く冷却ベルト

保冷剤をバンダナなどに巻いて
首につけてあげるのも効果的です。
  
また、人間用の頭や首に巻く
冷却ベルトもおすすめです。

冷却スプレー

冷却効果をもたらすスプレーで
クールダウンする方法もあります。
 

まとめ

では最後に、、、
 
ちょっと想像してみてください。
 

夏の暑い日、
あなたは38度の熱が出ています。
そんな時に全身に毛皮をまとって、
焼けるように熱いアスファルトの上を
裸足で歩かなくてはならない・・・
 

想像しただけでゾッとしますよね。
 

でも、暑い日に
犬を連れ出すということは
そういうことなのです。
 


ついついいつもの時間に・・・
とお散歩に行ってしまいがちですが
気温が高い時期は時間と場所を選び
しっかりと暑さ対策をしていきましょう!