巷で話題の「リレーアタック」を
あなたはご存知でしょうか?

そうです!
自動車盗難の新たな手口です。

電波で車のドアの開け閉めや
エンジンを始動できる
スマートキー。


このスマートキーの特性を悪用し
アッという間に車を盗むことが
できてしまうという・・・
実に恐ろしい手法です。

自分の車は
メーカー純正のセキュリティが
標準装備されているから大丈夫!


と思っていたら大間違い。


「リレーアタック」という手法には
純正セキュリティでは歯が立ちません。

あなたが思っている以上に
用心が必要だということを
知ってください。

本日はリレーアタックについて
どんな対策や注意が必要なのか
具体的にお話しします。



いったいどんな風に盗まれるの?

まずはこの動画をご覧ください。


これが「リレーアタック」という
手法なんです。


いやぁ〜実に恐ろしいですね!


まるで映画を見ているようですが
このような方法でいとも簡単に
車を盗難されてしまうのです。

車の持ち主が持つ
スマートキーから発する電波を
後ろにいる男が怪しい機械で増幅させ

車の元で待つ男が
これまた隠し持った怪しい機械で
受信をしていましたね。



この仕組みを簡単に説明すると
スマートキーから発せられる
微弱な電波を中継器で拾い
それを増幅させる

増幅された電波を
車両近くでキャッチすれば
本来遠くにあるはずのスマートキーを
車はすぐ近くにあると“認識”する

そうすることで
ロックを解除、エンジン始動が
可能になるのです。

一度、エンジンを始動すれば
スマートキーが近くになくとも
エンジンを停止するまでは
自由に車を動かすことができるのです。



なお、一部のスマートキーには
ON・OFFが機能がついているものがあり
OFFにしてしまえば電波は出ません。

しかしながら、
ほとんどのスマートキーは
常に電波を発したままなので
対策が必要になります。

純正セキュリティがついていても・・・

たとえ純正セキュリティが
ついていても「リレーアタック」には
手も足も出ません。

先にも書いたように
リレーアタックはまるでスマートキーが
近くにあると車が認識してしまうため
正常にロックを解除できます。

ということは
それと同時に純正セキュリティも
解除されてしまうのです。


今後、リレーアタックにも対応した
メーカー純正のセキュリティが出る
可能性もありますが・・・

今のところ純正セキュリティでは
「リレーアタック」は防げない
ということを覚えておいてください。


もちろん、純正セキュリティも
全く意味がないわけではありません。

リレーアタックではない方法で行われる
車両盗難やカーナビやオーディオ盗難などには
一定の効果があると言えます。

ただし、標準装備された
セキュリティアラームは納車時OFFに
設定されていることもあるので

ディーラーでONにしてもらう
もしくはマニュアルを確認しながら
ONにすることを忘れないように!

盗まれやすい車は?

2017年くらいまで4年連続の
ワースト1位は『プリウス』と
言われていましたが

2019年3月に日本損害保険協会が
発表した結果によると・・・


ワースト1位『レクサス』
ワースト2位『プリウス』
ワースト3位『ランドクルーザー』
ワースト4位『ハイエース』


となっています。

盗まれるのは
超高級車ばかりでは
ないということです。


自分の車は該当しないからといって
安心せずにしっかりと盗難対策を
することが大事です。

盗まれやすいのは意外な場所なんです

では、どんな場所で
車を盗難されやすいか
ご存知でしょうか?

コインパーキングや屋外契約駐車場は
想像がつくと思いますが、、、

じつは
意外にも自宅の駐車場での
盗難も実に多いのです。

まさか!?と
思うでしょうが事実なんです。


とくにリレーアタックは
ガラスを割るなどしないため
盗むための動作にこれといって
大きな音はしません。

下記は実際に
リレーアタックで盗まれそうになった
事件のニュース映像です。


ロック解除するまでに
わずか10秒ほどでしたね・・・

この映像では通行人のおかげで
レクサスを盗まれずに済みましたが
もしも通行人がいなければ
車は盗まれていたことでしょう。

普段どこに置いていますか?

さて、あなたは
普段スマートキーをどこに
置いているでしょうか?

出かける際にすぐ持ち出せる場所
帰宅した際にすぐに置ける場所


そう・・・
「玄関」と答える方が
多いのではないでしょうか?


ですが、そのスマートキー・・・
車に近ければ近いほど危険が増します。


そうです。
電波を拾いやすいからです。


では、車から離れた2階などなら
どうでしょうか?

先ほどのニュース動画では
2階にスマートキーを置いてたと
証言されていますよね。


ですから、2階でもダメ!
ならば一体どこに置けば!?


車から一番遠い部屋に
置くのも面倒ですし・・・

そもそも置き場を
あまり変えたくない方も
いるでしょう。

スマートキーはコレに入れましょう!

リレーアタック対策に
有効と言われているのは
ブリキ缶です。



スマートキーから常に出ている
電波を遮断するために使用します。



100均などでも買えますから
今すぐ対策できますよね。

ただし、缶の素材によっては
電波を通してしまうものもあるので
注意が必要です。



実際にスマートキーを
缶に入れてフタをした状態
車に近づきいつも通りにドアロックを
解除してみてください。

この際、缶を横にしたり
逆さにしたり、色々な角度で
試してください。

何度試してもドアロックが
解除されない場合は
その缶は有効といえます。




しかしながら、缶に入れているのに
ドアロックが解除されてしまう場合や

ある角度にすると
ドアロックが解除されてしまう場合は
その缶では電波遮断はできませんので
別の缶を用意しましょう。



もし念には念を・・・という方は
電波遮断を確認済みの缶の内側全体に
アルミホイルを貼り付けておくと
さらに安全です。

このように電波を遮断しておけば
安心していつも通りの場所に
保管できますよね。

置き場さえ気をつければいいの?

では、自宅での置き場さえ
気を付けておけば安全なのかというと
そうではありません。

出先で狙われることも
考えなくてはいけません。



でも、出先でブリキ缶を持ち歩くって
ちょっと面倒だと思いませんか?

できたら手軽に
カバンやポケットに入れて
持ち歩きたいですよね?

そんな時には
このような電波遮断ポーチ
便利ですよ。


この電波遮断ポーチは
つねに車の中に入れて置き
車から離れる時にスマートキーを入れて
持ち歩けばいいのです。

もちろん、自宅でも
缶ではなく電波遮断ポーチを
利用しても構いません。

置き場と持ち歩き方で十分???

これで十分!と思ってはいけません。
置き場と持ち歩き方を注意することは
最低限の対策と思ってください。

では、車両盗難や車上荒らしから
あなたの大切な車を守るために
他にできることは・・・


社外カーセキュリティを取り付ける
車両盗難や車上荒らしを
未然に防ぐための機能が満載の
社外カーセキュリティ

衝撃やドア開閉などを感知すれば
光や警告音で愛車を守ります。

また、離れた場所に居ても
手元のリモコンに愛車の異常を
すぐさま通報してくれるので
安心です。

オプション機能も多く
イモビカッターをガードしたり
車体の傾きを監視したり
車内の覗き込み自体を威嚇したり

車両で異常を感知すると同時に
ドラレコの録画が始まる連動機能など
様々な機能があります。


以下が有名なカーセキュリティとなります。



値段は幅広く取付工賃込みで
数万円〜数十万円といった
ところでしょうか。

なお、セキュリティの取付けは
よほど車に詳しくない限り
専門業者に任せるのがオススメです。



ハンドルロックやタイヤロックを取り付ける
車両盗難防止用の
ハンドルロック(ステアリングロック)や
タイヤロックというのも
案外オススメだったりします。

物理的にハンドルやタイヤを
ロックし盗難を防止するグッズです。

ロックするのも外すのも
慣れるまでには少し時間がかかるのが
玉に瑕ですが、、、

異常があってもすぐには
駆けつけられない場所にいたり
長期間旅行へ行く時などには
とくに安心といえます。

なにより・・・
盗むには面倒くさそうな
車両だということが
一目でわかりますから
そこがいいですよね。



GPSを取り付ける
もしも盗まれてしまったら・・・

そんな時のために
ココセコムなどのGPS
設置しておけば、盗まれた車の
捜索が可能になります。



防犯カメラやライトを付ける
やり過ぎと言われそうですが
最近は何かと物騒な世の中です。

戸建ての場合は
車が見える位置に防犯カメラ
人感センサー付きのライトなどを
取り付けるのも良いでしょう。

防犯カメラには動体検知をすると
スマホに即座に知らせる機能もあります。

車を自宅に置いて外出した時や夜間など
これもまた安心材料の1つになります。

最後にこれを忘れてはいけません!!!

さ、電波も遮断したし
セキュリティもバッチリ!

でも、、、
大事なことを忘れてはいませんか?

絶対に忘れてはならないモノ・・・
それは『スペアキー』の存在。

どんなにメインのスマートキーの
電波を遮断してもスペアキーを
適当に保管していたら意味がありません。

普段使わないスペアキーも
しっかり電波を遮断してくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?


気がつけば色んな事が
指先1つでできる便利な今日この頃。

でも、便利になればなるほど
それに伴い犯罪も増えていき
用心しなければいけない事柄が
逆に増えたような気もします。



正直、どんな対策をしても
100%完璧ということはありません。

しかしながら、
車両の盗難対策はしないより
した方がずっと安全・・・

あなたの大切な愛車を守れるのは
あなた自身です。


盗む側に
盗むには面倒臭そう・・・
盗むには時間がかかりそう・・・
そう思わせることが大切なのです。