イラレ(Adobe Illustrator)で
画像を埋め込むにはどうしたらいいの?

画像は埋め込めたみたいなんだけど
ちゃんと埋め込まれたのか
自信がな〜〜〜い!
一体どこで確認できるの???

そんな悩みを抱えるアナタに
画像の埋め込み方法と
埋め込み画像の確認方法について
わかりやすく説明します。

また、たぶん解説本などには
載っていないであろう
一撃必殺の埋め込み方法
同時に教えちゃうので
ぜひ覚えて帰ってください!

なお、下記説明で使用している
Illustratorのバージョンは
CC 2017(Mac版)となるので

バージョン違いやWindows版では
表示画面や操作方法が
異なる場合があります。


イラレに画像を埋め込む方法

基本編

イラストレーターファイルに
画像を埋め込むには・・・

画面上部のメニューバーより
[ファイル]→[配置]
選択します。


次に配置したい画像を選択します。


その際、左下の[オプション]
クリックし、[リンク]のチェックを
確認してください。

もしチェックがついていたら
外します。


リンクのチェックを一度外せば
それ以降に配置する画像は
全て「埋め込み配置」になります。



続いて[配置]ボタンを押すと
左上にマークがついた状態で
配置したい画像が現れるので



アートボード上でクリックすれば
画像の埋め込みは完了です。


一連の操作をつなげると
こんな感じになります。




それから、、、
同時に複数の画像を配置したい
場合もありますよね。

そんな時は!

SHIFTキーを押しながら
配置したい画像をクリックすれば
上から順に画像を一括で
選択することができます。


また、⌘(command)キー押しながら
配置したい画像をクリックすれば
任意の画像を選択することができます。




以上が画像の埋め込みの
基本となります・・・





が!!!





なんだか、わずらわしぃ〜〜〜!
と思いませんか?

もっともっとも〜〜〜〜っと!!!
簡単な埋め込み方法はないの???

な〜んて思ったあなたには
一撃必殺の埋め込み方法
特別に伝授しちゃいましょう〜!!!

これを覚えたら
基本の埋め込み操作なんて
面倒臭くてやりたくなくなります(笑)



特別編

では、いいですか〜?!
行きますよ!!!


ほい!完了っ!



どうです?
あまりの速さに
ビックリしちゃいましたか?



そうなんです!

この方法を使えば
一瞬で画像の埋め込みが
できちゃうんです!

たぶん、1秒かからないんじゃ
ないでしょうか(笑)





で、このやり方はというと
画像が入ったフォルダを
開いた状態にして・・・

caps lockをかけた状態
またはSHIFTキーを押しながら
配置したい画像をアートボードに
ドラッグ&ドロップするだけ!

もちろん、複数画像だって
同時に埋め込み出来ちゃうんですよ!

いや〜〜〜なんて楽チンなんでしょう!!!
このやり方さえマスターすれば
画像の埋め込みなんて超簡単ですね。

★ポイント★
今後この方法で
画像の埋め込みをするならば
『アプリケーションフレーム』を
OFFにしておきましょう。


埋め込み画像の確認方法

さて、、、
これで埋め込みできているんですが
やっぱりちゃんと確認しないと
心配ですよねぇ・・・

その確認方法はズバリ2種類
あります!

覚えるのはどちらでも構いません。
あなたがやりやすい方を
覚えてください。

確認方法1

まずはメニューバーより
[ウィンドウ]→[リンク]
確認してください。



[リンク]の文字の左側に
チェックがついている場合は
すでにリンクパネルが画面上に
表示されているので

チェックがついた状態で
メニューバーを閉じてください。



ちゃんと画像が「埋め込み配置」
されているかはこのリンクパネルで
確認することができます。

埋め込みが正しく行われている場合は
右側に下記アイコンが表示されます。


もし右側にアイコンが
表示されていない場合は
画像は埋め込みされておらず
ただ「リンク配置」の状態です。


もし右側にアイコンが
表示されていない時は
このリンクパネル内で
画像の埋め込みが可能です。

まず埋め込みたい画像を
リンクパネル上で選択し
右上から[画像を埋め込み]を選択。


これで右側にアイコンが
表示されればOKです。

なお、この確認方法が理解できれば
はじめは「リンク配置」しておき
あとから「埋め込み配置」することも
可能なのです。



確認方法2

まず、、、
下記の違いがわかるでしょうか?

猫の画像をクリックすると
画像の周りに四角の線が現れました。



でも、折り鶴の画像を
クリックした時には
画像の周りだけでなく
真ん中にバッテンの線が入りました。


実はこの違いだけで
画像が埋め込みなのかリンクなのかが
一目でわかってしまうのです!

周りに四角の線だけが
表示されたものが
「埋め込み配置」された画像です。
猫の方ですよ〜。

画像にバッテンが付くものは
「リンク配置」された画像なのです。
折り鶴の方ですよ〜。

なので、わざわざリンクパネルで
確認しなくても、画像をクリックして
バッテンがないか確認するだけ!



たったこれだけで
画像が埋め込まれているか
わかっちゃうなんて・・・



めっちゃ簡単でしょ〜!!!





これにて
イラレに画像を埋め込む方法と
埋め込んだ画像を確認する方法の
説明は終わりです。



まとめ

いかがでしたでしょうか?

画像の埋め込みは
イラレファイルのみで
データの管理ができるので
なかなか便利な仕組みですよね。

ただし、Illustratorファイルに
画像を埋め込むということは
すなわちIllustratorファイル自体の
データサイズが大きくなるということ。

ファイルが重くなるということは
Illustrator自体の動作が鈍くなり
作業しにくい状態になることも・・・

配置する画像の点数
サイズや解像度によって
「リンク」と「埋め込み」を上手に
使い分けることをおすすめします。